アメリカ南部でのど田舎生活記。同居人は、米人の夫とアメリカンブルドッグたち。ワイワイ言いながら、食べたり飲んだりするのが大好き♪


by peeweemama

粗食のすすめ

毎年、日本で色々とレシピ本を買って帰って来る。去年買って来た本の中に、「病気にならない食事」っていう本があって、なかなか興味深い内容なんで、もう何回か読んだ。(レシピ本を読むっていうのもちょっと変だけど、、、笑)




本の内容は、欧米化した食事が日本人の成人病/肥満のもと、昔からの日本の食事に戻せば、健康に長生きできるってことが書かれてあって、それに伴った一日の食事のレシピが続く。



中でもわたしがあんまり考えたことなかったのが、おかずはちょっとでいいから、ご飯をしっかり食べなさいってこと。わたしは、ほとんどの日本人がそうなように、ご飯が大好きだけど、昔から「おかずでしっかりと栄養を取る」って教えられて来た気がする。実家でそういう風に言われたかどうか覚えてないけど、とにかくおかずをしっかり食べる、っていうのが頭にあった。




この本では、おかずはちょっとでいいから、毎食お味噌汁とご飯を基本に、あとは漬け物/常備食(ひじきの煮物、きんぴらなど)でしっかりとご飯を食べるのを奨めてる。おかずは残してもいいから、ご飯のおかわりをしなさい、なんて書かれてあって、多分ダイエットには向いてない。(笑)
日本人の体に欧米の食事は向かないから、体に色々と支障がおきて、病気になるらしい。ミルク、ヨーグルトなんかを健康のためと思って口にしてる人たちは、根本的に間違っていると書かれてた。




そう言われてみれば、確かにそうだと思う。長寿国だと言われて来た日本の人たちは、私たちの祖父母の世代、それ以前の世代。その頃の食事が、やっぱり日本人には合ってたのかもしれない。物が有り余ってる時代になって、本当にお腹が空いてなくても食事をする、美味しいからってだけで、お腹が空いてなくても食べる、ストレス解消のために食べるって習慣が、私たちを不健康にするってのにも大きくうなずいてしまった。
わたしもストレスがあると、ついつい食べちゃうもんなぁ、、、




疲れてる時とか、旅行から帰って来たら、いつもご飯とお味噌汁が恋しくなる。何がなくても、ご飯とお味噌汁があれば幸せ〜、ってしみじみと思うもん。(笑)あれもやっぱり、体が必要なものを知らせてくれてるのかも、、、




あ、あと子供の偏食に関しても、子供はエネルギーを必要としてるから、食べてすぐエネルギーになりやすいタンパク質(←書き間違ってました)でんぷんたっぷりのご飯を欲しがる。野菜をいやがるのは、彼らの体がまだそれを必要としてないためだと書いてあった。だから、無理していやがる子供に野菜をおしつける必要はないらしい。
この前も書いたけど、わたしも子供の頃キライだった野菜/おかずがいっぱいあったけど、年を重ねるにつれて、食の幅が広がった。だから、子供の好き嫌いに目くじらを立てなくていい、ってのを読んで納得してしまった。



わたしは、ヨーグルトもミルクも好きだし、アメリカでも好きな食事がいっぱいあるから、それを全て断って、日本古来の食事のみにする気はまったくない。(え、ないんですか???)
でも、週の半分以上は、ご飯とお味噌汁のある食事にすることにした。もともと好きなものだから、苦じゃない努力なんだけど、、、、(笑)

先週は、給食に好きなメニューがなかったんで、毎日お弁当持って行きました♪(←ちょっと自慢)週末以外は、朝食はいつもパイン豆乳にして、夕食はその日の気分によって色々。
お味噌汁は多めに作っておいたら、毎食作らなくてもいいし、食事の支度も結構楽。

f0107640_1302375.jpg


この日は、お味噌汁とご飯以外は、蕪の葉のおひたし。おいしかった〜♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ←ポチッとしてもらえると励みになります♪
[PR]
by peeweemama | 2008-03-10 13:01 | Food!