アメリカ南部でのど田舎生活記。同居人は、米人の夫とアメリカンブルドッグたち。ワイワイ言いながら、食べたり飲んだりするのが大好き♪


by peeweemama

学校で盗難事件!2

ブックフェアで本を盗んだっていうのがわかったのは、次の朝。
登校してきたタナーと妹が図書室に、スーパーのプラスチック袋2つにいっぱい詰まった本を持ってきたから。図書室の先生が理由を聞いて初めて、ことの真相が明らかに、、、、





そこから教頭先生が呼ばれて、二人はオフィスに連れて行かれたらしい。
で、この二人の処分は?っていうと、教頭先生にパドル(体罰ーおしりをたたかれる)されて、親に連絡が入ったとのこと。






タナーは、何で本を持っていったの?って聞かれて、妹が取れって言ったから、としか言わない。自分が悪いことしたってわかってるはずなのに、、、、
妹が取れって言ったからという本の山には、タナーの好みのアクション系の本、妹はまだ読めない本なんかが半分以上含まれてる。





盗んだ額は100ドル以上になるんだけど、戻ってきた本の中には、売り物として使えないものが45ドルほど含まれてたんで、それは親に料金を請求するらしい。





いつまでたっても、自分が悪かったと認めないタナーと妹に業を煮やした教頭先生は、学校とパートナーを組んでる警察官を呼ぶことに、、、



オフィスで警官と教頭先生にこんこんとお説教をされて、これが犯罪であること、学校だけの処分で終わらない場合もあることを説明し始めると、妹が泣き始めたらしい。それでも、謝らない二人。





この後、パドルされて教室にやってきたんだけど、この二人の態度を聞いて、わたしは何となく納得してしまった。
この間の面談で、自分でわからないプリントに対して、説明しろ、説明が足らないとまくしたてたのは、このタナーの母親。わたしが、何回も説明を繰り返して、やっと納得したらしい彼女から、やっぱり謝罪の言葉はなかった。





今回のことに関しても、自分の子供たちが本を盗んできたと知って、学校に連絡することもなく、謝罪の手紙をよこすこともなく、ただ単に売り物にならなくなった本もすべて、プラスチック袋に詰めて、子供たちに持ってこさせた。




常識で考えたら、自分の子供が罪をおかしたんだから、学校にやってきて謝罪しないだろうか?
売り物にならない商品も含めて、ちゃんと弁償しますって言うんじゃないの?




わたしがタナーに、お母さんに見つかった時のことを聞いてみたら、「ステップだディーが帰ってきたら、パドルよ!」って怒られたそう。
いつから再婚してるのか知らんが、自分の子供なんだから、自分で対処したらどうなの?
だから、こんな子供に育っちゃうんでしょ。



自分の非を認めない、常識が通じないって、まさにこの母親にして、この子ありってしみじみ思った。
わたしとしては、この二人停学処分にしてほしかった。きつすぎる処分かもしれないけど、そういうことでもしないと、こういった親は全く学ばない。




今週の金曜日、再来週の木曜日と立て続けに遠足があるんだけど、停学にならないんだったら、せめて遠足に行かせない処分にしてほしいって、リクエストしてみようと思ってる。
金曜日の午後、図書室の先生に謝らせに連れて行ったのに、最後まで、こっちから催促しないと謝らなかったタナー。本当に悪いことしたと思ってないんだろうとしか思えなかった。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ←ポチッとしてもらえると励みになります♪
[PR]
by peeweemama | 2008-10-14 00:56 | うちの生徒たち