アメリカ南部でのど田舎生活記。同居人は、米人の夫とアメリカンブルドッグたち。ワイワイ言いながら、食べたり飲んだりするのが大好き♪


by peeweemama

<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

まだまだ子供

先週の金曜日の午後、生徒たちをカーペットに座らせて読み聞かせをしてた時のこと




うちのクラスの問題児3人は、みんなと一緒に座ってカーペットの上で、じっと話を聞けないから、2人は教室の両端、もう一人のイーサンは自分の席に座るように決まってる。



読み聞かせてるのは、うちの生徒の大好きな"Junie B. Jones"シリーズ。




これ、キンダーの生徒が一人では読めない「チャプター(章)のある本」なんだけど、一冊に大体8−9章くらいあるんで、毎日1章ずつ読み聞かせてるうちに、みんな大好きになった本。




話は、キンダーに通ってるジュニー B。ちゃんにまつわるとんでもない展開で、いつも生徒はわくわくして聞いてる。でもって、1章読み終えて、「じゃ、今日はここまで。」って言うと、必ず「えええええ〜、もう1章読んで〜!!!」って毎回リクエストが飛んでくるくらい。




この本、ディズニーの映画みたいに、子供じゃなくて大人に受ける要素もいっぱいで、わたしももう何回も読んでるんだけど、思わず吹き出しそうになること多々。




話がそれたけど、先週の金曜日にその読み聞かせを終えた瞬間、「ああああああ」って声が、、、、、




何かと思ったら、生徒の何人かがイーサンの方を見て指差してる。




「イーサン、お漏らししてる〜〜〜〜〜〜!!!!」





よく見たら、椅子に笑顔で座ってる彼の下がぬれてるっ!





ガーン、、、、、、(汗)





「何でトイレ行かなかったの????」って聞いたわたしに戻ってきた一言。





「だって話の途中だったんだもんー。」





あんたねぇ、、、





いっつもいっつも、人の話を中断しては、しゃべりまくってるじゃん!! ぜぃぜぃぜぃ、、、、(-_-*)





こういうことがあると、来年こそは高学年の担任に移動しようと思うわたしなのでした。
[PR]
by peeweemama | 2006-04-25 14:54 | うちの生徒たち

ブライダルシャワー

昨日(土曜日)は、でんの姪っ子アンバーのブライダルシャワーだった。



彼女は、つき合って2年くらいの彼と6月に結婚することになってるんで、これから結婚式まで、家族/親戚、友達、同僚、教会関係なんかでブライダルシャワーがどんどん行われる。




わたしも昨日行くつもりだったのが、急に大学で教授と会うことになったもんだから、行けなくなった。




結婚プレゼントは、キッチンエイドのミキサーを用意して、ちゃんとラッピング+お祝いのカードもあったから、でんがシャワー会場に持って行ってくれた。普通は、シャワーは女の人のみなんだけど、、、(笑)




ブライダルシャワーの場合、あらかじめカップルが好きなお店で、レジストリーってのを登録しておいて、そこのお店でお祝いに欲しい品物がお祝いを買いにきてくれた人にわかる仕組みになってる。




まあ、もちろんそれ使ってプレゼントする人半分、自分たちで選んでプレゼントする人半分なんだけど。




わたしは、アンバーの登録してあるお店のサイトで何が欲しいのかチェックした後、彼女が選んでた物じゃないけど、前々から喜んでもらえるだろうと思って買い置きしてたミキサーにした。(←全然レジストリーの意味なし?)




でも、向こうの選んでたのよりも、グレードアップになるわけなんで、許してもらえるでしょうってことで。(笑)




この制度、もちろん誰かが妊娠した時のベビーシャワーにも使われてるわけで、結構便利♪




他にもどんなものもらったのか、今度見せてもらお。
[PR]
by peeweemama | 2006-04-24 13:11 | American Life

担当教授探して一千里

うちの学部の博士論文委員会は、最低5人の教授で構成されて、そのうちの一人がメインアドバイザーとなることになってる。




わたしの担当教授だった人(涙)は、まだうちの大学に来て3年目でフルファクルティー(日本で何ていうんだろ、、、わかりません。笑)じゃないから、わたしの論文委員会のメインアドバイザーだったけど、名目上は古株の教授とメインアドバイザーの座をシェアしていた。




で、このもう一人のメインアドバイザーは、わたしのすごく気に入ってる教授なんだけど、彼女の専門は社会科だから、数学専門のわたしの研究はどうしても分野外ってことで無理。研究スタイルやなんかは彼女に助けてもらえるとしても、数学の部分になるとやっぱり専門の教授がいないと困るのだ。





この彼女は、わたしがアドバイザーに捨てられて、てんやわんやしてたここ数週間、セントラルアメリカに研究旅行に出かけてて、先週の金曜日に戻ってきたばっかり。




発展途上国旅行中は、メールを少しできたくらいで、この教授ときちんと話ができなかったのも、わたしのストレス度を上昇させた。





今日、やっと彼女と電話できて、ちょっと安心した。




彼女はわたしの研究に大乗り気でいてくれて、他のアドバイザー探しにも色々と気を回してくれてる。彼女のアドバイスもあって、わたしは去年うちの大学から去って行った数学専門の教授にメールを出してみた。





返事がどうくるかわかんないけど、とりあえず一歩前に進んだ感じ。(全然進んでない??)






あ、全然関係ない話だけど、友達のジェニファーのお父さんが先週亡くなったのを、今日まで知らなかったのでかなりショック受けてます。





ジェニファーのお父さん、長い間闘病してたんだけど、先々週から様態が悪化してて、先週からジェニファーと連絡取れないな、と思ってたら、こんなことになってて、、、、





お通夜にもいけなくて悪かったな、、、、、





今はバタバタしてるだろうから、もう少し落ち着いたらゆっくりと会えるといいな。お父さんのご冥福をお祈りします。
[PR]
by peeweemama | 2006-04-12 14:04 | Graduate School

Things happen for a reason

わたしの博士課程の担当教授が、他校に移っていくってわかってから数週間。




その間に担当教授、大学院事務局、教育学部のトップなんかとの数々の電話やメールのやり取りを繰り返し、何とかこのままうまくいくんじゃないかと思ってた矢先に、大どんでん返し〜〜〜〜!!(古っ)




先週、担当教授から1通のメールがきた。その内容は、「これからの卒論研究を遠距離の関係でやっていくのは不可能だと思うようになってきた。もっと卒業に近かったら遠距離でも大丈夫だと思うんだけど。」とのこと。




これってさぁ、、、、、




まるで遠距離恋愛で、距離を理由にふられた人????





このショックから立ち直るのに1週間くらいかかった。





その間に飲んだワインは2本。




大体、恋愛にしても何にしても、去る者は追わずって性格だから、ショックから立ち直ってからは、この担当教授に自分を捨てたことを後悔させるような、立派な卒論を書こう!って決心。(大げさな、、、、爆)




日頃色んなことがある度に、いつも思い出すわたしのモットーは、「Things happen for a reason.」(物事が起こるのには理由がある、って感じ?)




2月の初めにコンプ(筆記試験)にパスして以来、それなりに文献集めなんかをしてる以外は、すっごくだらけてるわたし。




なんか去年中に必須ゼミを全部取り終えて、大きな試験も終わって、一気に気が抜けたっていうのかな。最近は、必死に勉強、ってのから遠ざかり気味。




そろそろ気分を入れ替えて、ちょっと本気で研究の準備し始めないといけないとは思っても、なんかやる気がなかったから、そのわたしに、カツいれに「何か」が必要だったに違いない。




どんなことがあっても、ここまでせっかくやって来たんだから、絶対に卒業するもんね。




心を入れ替えて、がんばりますっ!(←自分にプレッシャーかけてみてる。笑)
[PR]
by peeweemama | 2006-04-10 13:15 | Graduate School

質問〜

この間の記事をトラックバックしてくれた人がいるんだけど、どんなサイトか見に行こうとしても繋がらない、、、、



題を見る限り、教育関係なんだろうと思うんだけど、もう一つのサイトで、知らない人からいきなりトラックバックされたりした場合、あやしいサイトがほとんだったっていう経験から、何となくすっきりしない。




トラックバックしていただくのは、うれしいんですけど、わけのわからないところだといやなんで、トラックバックを消去できる方法、教えてくださいーい!
というわけで、トラックバック消去の仕方がわかるまでは、トラックバック拒否させていただくことにしました。ご了承ください。
[PR]
by peeweemama | 2006-04-10 02:41 | American Life

Hat Day

f0107640_727459.jpg



古い話なんだけど、これは3月の初めにあった行事の時に撮った、わたしの担任してるクラスでの写真。写真に写ってるのは12人だけど、うちのクラスには17人生徒がいます。




あの時期、すごくインフルエンザが流行ってて、毎日2〜5人くらい休んだり、早退してたんだよねぇ。今はみんな元気で、毎日全員揃って登校してきます。少人数クラスいいよなぁ、、、ちっ。(半分本気??? 笑)





3月2日(だったと思う、、、)は、アメリカの有名な絵本作家、ドクター スースの誕生日で、うちの小学校をはじめ、全米の学校で特別な行事をして誕生日を祝う。




うちの学校では、丸1週間イベントが続くのが恒例で、この日は「ハット デー(帽子の日)」ってことで、みんな好きな帽子をかぶって登校☆




もちろん、教師も参加だから、わたしはうちの大学の帽子かぶって、一日授業してました。(^^)




何か特別なイベントのある時って、生徒のテンションが冗談じゃないほどあがるから、先生たちは いつもの2倍くらい疲れるんだけど、おもしろい行事がいっぱいのアメリカの小学生は、ほんと恵まれてるなぁ、って思います。(←自分の小学校時代と比べてる。笑)
[PR]
by peeweemama | 2006-04-08 14:03 | うちの生徒たち

フロリダの海

f0107640_6572384.jpg





海が大好きなわたし。特に泳いだりするわけじゃないけど、浜辺でぼーっとしてる瞬間がものすごく幸せ♪




そんなわたしにとって、この辺りの海を訪れて一番うれしいのが、真夏でもあんまり混まないこと。



もちろん、大勢の人が浜辺にいるんだけど、それでもそんなに混んで見えないんだよねぇ、、、やっぱり広いからかな。




今回は春休みだったから、海辺はこんな感じで、ものすごくゆっくりできたし。。。。





f0107640_6593533.jpg




浜辺では、あっちやこっちで凧揚げしてる人たちを見かけた




あと、若い子たちはビーチバレーしてたなぁ




で、ものすごくのんびりして楽しいバケーションだったんだけど、2日目の夜に大変な目に遭った。




夜中に、私たちが泊まってたホテルの隣の部屋のカップルが喧嘩しだして、止まらない、止まらない、、、、




ものすごく大きい声でお互いをののしり合ってるのがまる聞こえなんですけどー(汗)




どうも彼(夫?)が連れの友達たちと夜遊びしたい、彼女はいってほしくないってのが原因らしい。お互いにエスカレートして、昔の話まで蒸し返して喧嘩してる。




そのうちおさまるかと思って、息を殺して待ってたんだけど、どうもそうはいかないみたい。




仕方ないから、フロントに電話してセキュリティーに来てもらってやっと落ち着いた。



ほっとして少しの間寝たのもつかの間、今度は反対側の部屋からすっごい声が、、、、(--;)



こっちは、彼女に裏切られた若い男の子が、父親になだめられてるらしいんだけど、どうもこの父親がなんかあやしい、、、



なだめてるはずなのに、すっごい声でどなりつけてる父親を前にして、息子は泣きながら延々と何かを訴えてる。




まったく、彼女が今ここに居るわけじゃないんだから、いい加減二人とも寝ろよ、、、、(怒)




そのうち、興奮した二人は、部屋から出て 続きを廊下でやり始めた、、、、(唖然)




こっちもおさまるの待ってたけど、30分してもおさまらないから、またまたフロントへ連絡してセキュリティーを呼ぶ事に、、、、




もうこの時点で午前3時半。眠いよー、、、、、(泣)




ほんと参りました。
[PR]
by peeweemama | 2006-04-07 07:13 | Travel

引っ越してみました♪

f0107640_146267.jpg




他のブログも お試し中なんだけど、とりあえずここにも作ってみました。(笑)




どこが一番使いやすいのか実験中っす




相変わらず バタバタした毎日なんで、先月行ったフロリダの海を思い出してがんばっております。




あ〜、海はいいな〜



写真見てるだけで和むわぁ、、、、(←年のせい??)




とりあえずこれからもよろしく〜☆
[PR]
by peeweemama | 2006-04-05 14:10 | American Life

はじめまして♪

アメリカ南部の片田舎で、夫とアメリカンブルドッグと暮らしてます。(仕事の関係上、住んでる場所/州なんかはブログで書かないつもりです。実際のわたしを知ってる方、ブログ読んでる間に住んでる場所がわかっちゃったよ〜、という方もここでは内緒にしておいてくださいませ。^^)


生まれて初めて乗った飛行機でアメリカへ留学。大学留学中に出会った、南部で生まれ育った夫と結婚。いつか田舎から脱出してやる〜〜〜〜と思いつつ、20年。もしかして、わたしここに永住?




いい所なんだけど、大阪で生まれ育ったわたしには、ちょっと物足りなさ過ぎる、、、、(^^;)



それでも「住めば都」って自分に言い聞かせて、色々と楽しんでます。



大学では初等教育専攻して、卒業してから、住んでる隣の地区の小学校に就職。あ、卒業する1年前に結婚式を挙げました。7年間キンダーの担任をした後、2006年から自宅のある学区の小学校に移って、3年生の担任になりました。

就職してから、大学院に進んで、修士、それから教育専門家課程を卒業。現在博士課程に在籍中。2006年の初めに、博士課程コンプリヘンシブ試験(最後の筆記試験)を無事パスして、2007年5月にプロポーザル、6月〜9月で研究を終えて、今卒論最終段階です。あとは、論文書き上げるのみ!
といいつつ、開店閉業状態で1年ちょっと。<がんばれよ、自分

卒業予定は、、、、(遠い目)


無事に2009年12月に卒業しました〜〜〜〜〜!!!


相方のでんは、生まれ育ったこの田舎が大好き。生まれて初めて、飛行機に乗って日本に行って以来、日本も大好きだけど、この土地から引っ越すなんてありえないと考えてる。



いや、ここで一生暮らすって方がありえんよ、、、、(←って、このど田舎に永住するんじゃないかとびくびくしてる。笑)
[PR]
by peeweemama | 2006-04-01 13:30 | 初めまして